toggle
ブログ

碁石山【3月の滞在情報】

【3月の滞在情報】

8(木)○

9(金)○

10(土)○

11(日)○

12(月)○

13(火)○

14(水)○

15(木)× 

卒業遍路のため

16(金)○

17(土)○

18(日)○

19(月)○

○=終日滞在しております。

×=不在

※ 葬儀など、急遽不在にすることがあります。

その他、ご入用の方は、

本坊  常光寺までご連絡くださいませ。

(0879-82-2180)

 

3月5日 ジョウコウジザクラ開花!

待ちに待ったジョウコウジザクラが

例年より3週間遅れて

開花しました。

明日3月6日から春分まで、

二十四節気の

「啓蟄」(けいちつ)

にあたります。

土の中に潜っていた虫達も

お花見にやってくるかもしれませんね。

碁石山【3月の滞在情報】

碁石山【3月の滞在情報】

1(木)○
2(金)○
3(土)○
4(日)○
5(月)○
6(火)×
7(水)×
8(木)○

×印の日は、僧呂不在となります。

お参りは自由にできます。

その他ご入用の方は、本坊常光寺

(0879−82−2180)

までご連絡くださいませ。

3月1日 

お寺から少し上がった場所にあるサクラパーク

こちらにも、ジョウコウジザクラが移植されています。

ここはとても日当たりがよく、一足先に開花しました。

このまま強風にのって、春よこーーーーい!!

 

2月22日【枝垂れ梅開花】

しだれ梅の紅梅がやっと一輪咲きました。

他のつぼみたちも大分膨らんでいます。

春はもうすぐそこです。

 

2月19日【ジョウコウジザクラ】

2月19日 ジョウコウジザクラの様子です。

例年であれば、15日前後に開花しますが

例年にない厳冬のため

つぼみもたちの目覚めも遅いようです。

春の陽差しを待ちわびて

ぐっと寒さに耐えているかのようです。

一足早い春の訪れをお届けできる日を楽しみにして

私たちもあともう少し辛抱辛抱。

 

 

2018-02-05 | ブログ

2月5日 自然のちから

 

冬の間、野草達は「ロゼット」という形で

地面にべたっと張り付いて寒さから身を守り春を待つ。

ある休日の昼下がり、息子は裏の畑でせっせと野良仕事

そして、一つのロゼットを掘りあげた。

出てきたのはながーーいながーーい根。

「雑草達も土の中で、こんなにも根を伸ばして力強く生きているんだなーー」

と感動しながらも

ここまで放置するとかなり手強いなと恐れおののく母でした。

 

『ロゼット』地表に葉を平らに並べた植物の状態を現す言葉です。

2月5日 大寒波

今年の冬は全国的に寒く、

小豆島も例年にない大寒波となっています。

日によっては、碁石山への山道も

積雪、凍結の場合通行止めとなります。

こちらのブログ及び

碁石山公式webサイト

facebookページにて

状況を随時更新致しますので、

ご参考にして頂き、どうぞ気をつけてお参りくださいませ。

[碁石山Facebookページ]
https://www.facebook.com/goishizan/
僧呂の滞在情報・道路情報をメインに。

[碁石山公式Webサイト]
http://goishizan.com/2018/02/04/633/
常光寺のことも書いてます。

 

 

2018-01-22 | ブログ, 常光寺, 行事

新年のご挨拶(2018年) 

大変遅ればせながら、やっとパソコンの前に座りまして。

新年あけましておめでとうございます

皆さまのご健勝をお祈り致しますと共に、

本年もどうぞよろしくお願い致します。

我が、常光寺も何とか無事にゆく年来る年を迎えることができました。

年が明けて早1ヶ月。

1月14日には年始恒例の『お日待ち』も執り行われました。

子供たちもおつとめから懇親会までたっぷり満喫しました。

薬師堂にて、護摩祈祷。

おつとめの後は恒例のビンゴゲーム。

ビンゴ!よりも転がる玉の仕組みに夢中な息子

 

大当たりのお米を届ける娘。

なんでもお手伝いしたいお年頃。

 

 

 

 

 

 

 

2017-11-27 | ブログ

11月27日【碁石山】

今日は、風もなくとても穏やかな天気です。

山の紅葉も陽に照らされとても美しい。

碁石山からは、

寒霞渓の山肌や三都半島

二十四の瞳のある岬を

一望できます。

カメラには収まりきらない

思わず息をのむ紅葉の大パノラマを体感できますよ。

2017-11-12 | ブログ

11月12日【その子だけの世界へ】

朝刊の面白い記事

『向こうの世界』で戦う父と息子

どうやら、必殺技の掛け声は、

「ぬんっ!!」

 

らしい。

ありゃー、娘もだった。

 

1 2 3 4 5 6 7 10